いんふぉめーしょん!

●Information

□イラストのご依頼承ります。お手数をお掛けしますが、下記のメールアドレス
watashihahomuhomuhadesu@live.jp
または
Twitter account(@gomoku_2)にご連絡ください。

2017年1月4日現在、お絵描きの方は休止中です…。


□直近の創作活動

このRPGは現代の女の子が悪魔退治するだけな件(ゲーム、RPGアツマール)
http://game.nicovideo.jp/atsumaru/games/gm980

作中のイラストを担当しました。ゲームはRPGツクールMVで作製されたものです。
めぐりたそ^
『このRPGは現代の女の子が悪魔退治するだけな件』は2016年12月22日に
RPGアツマールという特設サイトで公開されました。ブラウザ上でプレイできます。



グルーミーな放課後(漫画、コピー本)

漫画本です。全11Pです(後書き含む)
glm1.jpg
glm7.jpg
『グルーミーな放課後』は2016年12月18日にみやこめっせにて
行われたComiCon京都Winterで頒布するために作製されました。



ここではないどこかにて(仮題)(小説、ニートノベル)
http://neetsha.jp/inside/comic.php?id=19579

2016年10月から書き始めている小説…もといライトそうなノベルです。
まだ完結はしていないです。

人身御供という、いわゆる「生贄」のならわしと、何かをかけあわせたら
青春群像劇っぽくならないかなーと思って書き始めた小説です。
まだまだ色々と実験段階!



斎藤武雄の忘備録(小説、ニートノベル)
http://neetsha.jp/inside/comic.php?id=18835

2016年の2月から5月にかけてニートノベルで書き綴っていた小説です。
ひきこもりの童貞ニートが主人公!
駄目駄目な主人公の自宅中心のジュブナイル!
…でもちょっぴり泣けます。(泣けたらいいな)
(2016年5月22日完結!)



宇宙性精神疾患(小説、カクヨム)
https://kakuyomu.jp/works/1177354054881772422
2015年12月の、東京にて行われた文学フリマの頒布本で発表した「宇宙性精神疾患」を
webで公開してみました。



○Twitter Acount:
@gomoku_2
https://twitter.com/gomoku_2

○HP:
http://illuminate.web.fc2.com/gawa/kaminagawa.html
「かみながわ(仮)」。同人サークルのHPです。
スポンサーサイト

生存報告 広い世界を見るために絵を描き始めた思い出

誰とも話すこともなく、もっと言えば家からもほとんど出ることもなく
ひたすらゲームを作り続けている。なんでそんなことをしているかというと、
まあなんというか我ながら恥ずかしい限りであるが、就活からの現実逃避である。
最近の僕は就活をする気がないどころか、外へ出ることさえもままならないらしい。
これじゃあだめだ…っていうか、ひきこもってたら人生駄目かどうか以前の問題で、
人生楽しくないでしょ、とは自分でも思う。

だけど最近の僕は、外の世界を見ることにあまり興味をなくしてしまったのかもしれない…。
世の中にはもっと素晴らしいことや楽しいことがあるのに、自宅の自室で時間を
浪費するだなんて、なんだかもったいないような気がするのだけれど、最近はなんというか
夜もあまり眠れていないし、外にも出れていないし、二日に一回のペースで徹夜を
してしまっているから、自律神経も壊れ気味だ。
こんな徹夜続きの生活、きっと30歳近くまで続けていたら、体を壊してしまうだろう。
だから少なくとも徹夜続きの生活はそろそろ治さないといけないと思う。

さて。話題がそれた。
では、最近の僕はひたすら自室で何をやっているか?といえば、率直にいえば
ゲームを作っているのである。

『SRPG studio』というファイアーエムブレム風のシミュレーションゲームが作れるソフトを使って、
ひたすらファイアーエムブレム風のゲームを作っている。

ゲームのテーマは、ずばり言うと『自己犠牲』。
主人公の旅に同行することになったヒロインのマドカは、
自らの命を犠牲にすることによって世界の多くの人々を救うことができる、という設定。

でも…、自分の命を犠牲にして大多数を幸せにすることって、
命を犠牲にした本人にとって果たして本当に良いことなのだろうか…?
と問うのが一応本作のメインテーマである。
(こう考えてみると、某深夜魔法少女アニメと似通った設定であるが、
大違いである。某深夜魔法少女アニメは主人公の鹿○まどかの
犠牲を尊いものだと作品内で賞賛される箇所があるが、僕が現在作っている
ゲームでは、『いや、自分をそこまでないがしろにするのってなんかおかしいでしょ』
と突っ込んでくれるキャラがいる。つまり本作では命を差し出すくらいの
自己犠牲を、本質的には疑問視しているのである)

全部で7章くらいの予定で、現在は7章程度まで制作が進んでおり、
完成まではあともう少しだ。
このSRPG studioというソフトは、あまりわかりやすい説明書がないせいか
機能が多いわりにわからないことばかりで、とにかく勉強することや覚えることが
多いのが特徴的だ。
だからたくさん物を覚えたりするほどの物理的・精神的なリソースがない人には
SRPG studioというソフトはあまりおすすめしない。
(もっぱら、僕に聞いてくれればソフトの操作くらいは大雑把に教えてあげられるだろうけれど…)

それで、まあ作っていてどうか、という話題について書こうと思う。
ファイアーエムブレム風のシミュレーションRPG作っていてどうか?というと、
ぶっちゃけるとすごく楽しい。
プラグイン(追加機能みたいなもの)もたくさん導入したし、クラス(職業)も
たくさん導入したので、時間の許す限りもっともっとたくさん作ってみたい…!
と思いはするのだけれど…。

だけど、熱中してゲームを作っていると、ふと自分の中で違和感が芽生えてしまっているのに
気付く。

その違和感は、上手く言葉にすることはできない。
「なんか違うよなぁ…これ…」
というこの感じだ。

この違和感は何なのだ、と違和感の源泉を頭の中に張り巡らしてみると、
ふと同様の違和感を持った経験があることに気付く。

それは中学校二年生あたりの話だったと思う。

中学二年生くらいの僕は、RPGツクールというRPGを作るゲームにはまっていた。
自分の妄想をゲーム機に込めて、幾度もAボタンやBボタンを叩いていた。
作ったゲームはプロアクションリプレイという怪しい機械を使って
セーブデータを吸い出すことにより、ゲームをネット上にアップロードして
公開するということもやっていた。
当時、僕がプレイしていたシリーズのRPGツクール(ちなみにいうとRPGツクールは
何作も発売されている)の界隈はそこそこ盛り上がっていた。

それなりの人がゲームをアップロードして公開していたし、ゲームをアップロードしている人に
感化されて「あ、僕もゲームを作ってアップロードしてみようかな!」と思ったのも事実である。

だけど、ゲームを公開してみたのはよかったものの、やはりこの界隈、人が少なかった。
自分がいくら手塩をかけて作り上げたゲームも酷評され、次第に
「なんか違うよな…」という違和感を抱くようになった。

「もっと自分の作品を見てもらいたい!」「もっと自分が作るものをたくさんの人に見てもらいたい…!」
そう強く思うにつれて、僕はRPGツクールを手放すようになった。
そして僕は、僕が居たRPGツクールの界隈より
ペンをとり、絵を描き始めた。

ダサくもなくイタくもないきれいごとでは、救われない人もいる

youtubeで前から気になってたコンテンポラリーな生活というバンドのCDを買った。
ミニアルバムなのか?シングルなのか?多分ミニアルバムで、1500円ほどのヤンキーガールという
タイトルのCD。

内容はというと、良くも悪くもロックンロール。青臭いロックンロールというよりは、
じめじめしてうじうじしたテイストのロックンロール。決しておしゃれではない。
どちらかというとダサくて痛い。そして歌詞も曲もとんがっている。

ロックンロールが嫌いな人とか、ダサいものが嫌いで、イタいものをこぞって叩きたがる人から
すれば絶対に手を出さなそうなバンドだと思った。
だけど、僕はこのコンテポラリーな生活の、ヤンキーガールというタイトルのCDを
聞いて、どこか救われた気がした。
まだ聞き込んでないから全くわからないけれど、中でもカーニバルという曲が自分の中に
すっと入ってくる気がした。

「そうそう、これなんだよ!音楽ってのは!ロックンロールってのは!」
そう誰かに話したくなるようなCDだった。
ダサくて痛いけど、でもどこか自分の中にすっと入ってくる感覚があったのだ。
聞いたCDがBUMPなら、きっと励まされたり明日から頑張ろうとか、前を向いて歩こうとか
そういう気分になるのだけど、僕はあいにくそういう曲は苦手なのだ。
なぜかって?そう言われてみると言葉に表すのはとっても難しいけれど、
僕はなんていうかひねくれた人間で、励まされたり頑張ろうと思わされるような曲が
苦手なのだ。そういう曲よりは、駄目人間の駄目な日常を歌ってくれた方が
幾分前向きな気分になれるというか…。

多分、僕が駄目人間であったり、うじうじしているわりには妙に正義感があるせいなのかもしれないけど。
とりあえず、僕はめんどくさい奴なのだ。めんどくさい奴には一筋縄ではいかない
なんともめんどうな曲が合うというかなんというか…。
BUMPも良いんだけど、BUMPじゃ駄目というか。

…何を書いてるのかよくわからなくなったので、今日はここまでにしておこうと思う。
ではでは。

追伸:
最近何もしてません

ここではないどこかを求めなくても、きっと誰しも生きていける

どうもお久しぶりです。五目です。ちゃんと生きてます。

今日は「ここではないどこかにて(仮題)」という小説の続きを書いていました。それで、書いている感想というと
あれなんですけど、「事態はどうあれ、人間的には結構大丈夫になってきてるんじゃないの」という
感想を書いている最中に抱いたり抱かなかったり。
●●●をどうするのだとか、まあ僕もまだまだやらないといけないこと、考えないといけないことも
たくさんあるのですが、それはさておくとしても、人間的にはちょっとずつ大丈夫になってきてるのかなぁ、なんて。

もっとなんでも積極的にいけば上手くいきやすいんだ、とか、うじうじ悩みながらでも行動に起こしてみれば
結構どうにでもなることも多いとか、そういうことをもっともっと人生の早い段階で学んでおくべきだったなとか
最近は特にそう思います。
今回は以上です。ではでは。

生き辛さの原因は主体性の欠如から

どうも久しぶりです。五目です。最近は色々やらなきゃいけないことをすっぽかして
文章ばっかり書いてます。

……というのはおいておいて。
今回は僕が高校生の頃から抱いてきた「生き辛さ」に関することを少し書いてみようと思います。

今回の内容を要約すると…
生き辛さの原因は「主体性の欠如にあった?!」
ということになります。

……まあ、要約すると書いちゃいましたけど、要約するほどの分量の文章を今回は書かないとは思うんですけど…
まあ…一応…。

っていうか、要約するまでもなく、ああ、まさにその通りだった!っていう感じなんですけど。

主体性の欠如、という言葉もちょっと抽象的でわかりにくいかもしれません。じゃあ、具体的にいうと
どうなんだ、っていうことなんですけど…。
具体的に言うと、主体性の欠如というのは自分に関する事・物を自分でコントロール(制御)することが
できていない状況
のことを言います。

自分に関する事・物を自分でコントロールすることができていない状況が続けば、人間どうなってしまうのか…?
簡単です。無気力になります。何もかもが嫌になります。

僕もここ数年は好きな事に対しても全くやる気がわかないという無気力に苛まされていましたが、
恐らくその無気力の原因は、自分に関する事・物を自分でコントロールすることができていない状況が
続いていたから…、つまり、主体性の欠如ゆえに無気力に苛まされていたのだと思います。

でも、今は…というか最近は、無気力も少しずつ治ってきました。(あえて『直る」ではなく『治る』という風に書きました)

最近の僕は、ようやく好きな事であればやる気がわくようになってきました。そして現に、好きな事であれば
嬉々とやれるようになっている自分がいます。これはまさしく進歩だ!祝うべきだ!
と思ったので、今回の記事を書いた次第で云々。

…まあこれも当たり前といえば当たり前の話なんですけど、人間自分の力じゃどうにもならないような
理不尽で制御不能な事ばかりに巻き込まれてちゃあ、そりゃあ自分が何をやったって意味はないんだという
気分になっちゃいますし、そうなっちゃうと無気力にもなっちゃいますよね…という話です。
当たり前と言えば当たり前の話。

好きな事、どんどんやりましょう。そして欠如した主体性も少しずつ取り戻していきましょうじゃないですか!
(誰かに向かって言っている。専らその相手は自分自身…?!)

っていうか、冒頭で今回は要約するほどの分量を書くつもりはないと書いてしまいましたが、
もうこの時点でおおよそ1000字ほど書いちゃっているわけです。
恐ろしい…!
文章をたくさん書くことによってもたらされる効用(弊害とも言うべき…?!)は、どうでもいいことでも
無闇矢鱈に引き延ばせちゃって、すぐに1000字、1500字ほど書いちゃうっていうことなのかもしれません…!
あー恐ろしあ恐ろししあ。

…という具合で、最近の僕も生きてます。まあまあ幸せ…なんじゃないかな、とかも
思ったりも思わなかったりもして。

さてさて。現在僕は『ここではないどこかにて(仮題)』という小説もといノベルを熱心に書いています。
http://neetsha.jp/inside/comic.php?id=19579

でも…まあ、コメントがこないというのはいかんせんいつも通りなのですが、
ただやってもやっても反応がないというのも少し寂しいところかなとも思いまして。まあ、よければ
読んでやって、その上でもしよければコメント…なんかも与えてくれると、まるで餌を得た小動物のごとく
僕が喜ぶのではないかな…とも思います。なので、もしよければコメント等してやってください。

ではでは。今回はここまで。
『ここではないどこかにて(仮題)』、続きを今から書いていきます。ではでは。

test